朱智神社の祇園祭

 梅雨も明け、本格的な夏を迎えました。
 先日、朱智神社の祇園祭があり、地域の方や子どもたちと楽しい時間を過ごしました。当日はお天気も心配されましたが、夕方には雨もあがり〃コンコンチキチン〃とお囃子も聞こえだしていました。

 すると、浴衣姿の子どもたちが次から次へと境内へのぼってきます。お好み焼きや焼きそば、焼き鳥といった出店で晩御飯を頬張る子どもたち。大人はビールを呑みながら乾杯の音頭をとっています。

 そんな中、ふくろう工房は新作ゲームである「ガチャガチャ」と「ぴんぼっち輪投げーむ」を用意しました。小当り・中当り・大当たり・特賞と実に200以上の景品をズラッと並べました。

Dsc_5883

 どちらも列が出来る程の人気があり、中には何度も挑戦してくれる子どもや、お父さんとお母さんと一緒にゲームをする微笑ましい光景もありました。
 そしてついに、景品が全て無くなってしまうほどの盛況ぶりとなったのです。

 ゲームの隣ではふくろう工房の手作り商品も陳列していて、ヘアゴムやビーズのブレスレットといった雑貨が特に人気でした。


 毎年、この祇園祭で感じるのは、子どもたちの笑顔です。
 地域の方たちとこうして交流させて頂く事で、ふくろう工房と子どもたちのふれ合いが一つ一つ思い出となっていきます。また来年はどんな笑顔が見られるか、楽しみです。


Dsc_5882



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック